馬の博物館では、馬と人との交流によって生まれた様々な文物を、常設展示で自然史・歴史・民族・美術工芸・競馬などの幅広い分野にわたって紹介しています

ポニーセンターでは、サラブレッド、日本在来馬、ポニーをはじめ、様々な品種の馬と直接触れあうことで、馬により親しめるほか、その飼育管理の様子をみることができます

日本初の洋式競馬は、ここ根岸からはじまった

1860年代、横浜で始まった洋式競馬は、1866(慶応2)、完成した根岸競馬場に拠点を定め、翌年から1942年(昭和17)に幕を下ろすまで、76年間ここで競馬が行われました

もともと居留外人の娯楽として始まった根岸競馬場は、やがて日本人も加わった社交場として賑わい、その後各地での競馬場のモデルになりました

 横浜の競馬と馬の博物館の歩み   

1866年 12月、根岸競馬場完成。
1867年 1月11日、根岸で最初の競走が行われえる。
1880年 日本レースクラブ結成。
1929年 4月、新スタンド(馬見所)着工、翌年竣工。
1937年 日本競馬会が日本レースクラブを吸収。
       横浜競馬場に名称変更。
1942年 10月18日、根岸で最後の競走が行われる。

1943年 横浜競馬場閉鎖。海軍省に接収。敗戦後は連合軍、後に米軍が使用。
1969年 競馬場跡地の一部返還を受け、日本中央競馬会は根岸競馬を記念し馬についての
      知識を普
するための施設を、横浜市は根岸森林公園の建設を決定
1976年 財団法人馬事文化財団設立
1977年 馬の博物館(根岸競馬記念公苑)がオープン
1991年 競馬場の改正にともない、従来の開催競馬場から横浜競馬場が削除される



博物館の裏門は森林公園から入ることができる

公園の散歩コースの南東附近に「馬の博物館」の看板が立っているので、お見逃しなく


木立をかいくぐり門のなかに入ると、大きく視野が開け、さすが競馬場だけあって、広くて、美しくもある馬場がひろっがている

馬場に来て、普段見ることのない馬をこれだけそばで見ると、その大きさと、毛並みの輝き、目の表情の豊さに驚き、ただじっと眺めるだけで、それだけで時間がしまいそう


馬場の向かい側には、白とブルーの鮮やかな厩舎が、子供たちの歓声で賑やいでいる。


定期的な催しには「乗馬デー」「人参タイム」、春と秋の「馬と遊ぼう子供の日」「馬とのつどい」があり、乗馬を体験したり、ニンジンを与えることで馬に触れ、楽しむことができる。

*乗馬デー
毎月第3日曜日(当日午後1時受付、1時30分開始)
人参タイム
毎週土曜日(午後1時30分〜45分)

[check it out ]
■休館・休苑日  月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
創立記念日(4月1日) 年末年始(12月28日〜1月4日)・その他
■開館時間    午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)
■開苑時間    午前9時30分〜午後5時
■入館料      大人        100円
            小・中・高校生   30円
            団体(20名以上) 半額
■入苑料      無料
■交通       根岸駅から市バス21系統「滝の上」下車
           桜木町駅から市バス21系統「滝の上」下車
           横浜駅東口、日ノ出町駅、伊勢佐木町駅から市バス103系統「滝の上」下車
           山手・根岸駅から徒歩約20分
■お問合わせ   根岸競馬記念公苑 TEL 045−662−7581  FAX 045−662−7713